3月 162011

imageimage

早速ですが、バッテリー消費量を検証してみました。

Android2.3用のカスタムROM、Cyanogen CM7.0 RC2 v009 Gingerbread 2.3.3 を現在使用しています。

アプリを常駐させた「いつも使ってる状態」では、1時間あたり何%消費量するか

測定時間:02:40~08:40(6時間)

  • トグル関連
    • WiFi:OFF
    • BT:OFF
    • GPS:OFF
    • バックグラウンドデータ:ON
    • 自動同期:ON
    • 明るさ:最小0%
    • サウンド:ON(音+バイブレーション)
    • 画面の自動回転:OFF
    • アニメーションの表示:なし
    • バックライトの消灯:1分
  • ホーム
    • ADW(1.3.6 Standalone)
    • ライブ壁紙:使用(Moon Phase Pro)
  • 常駐アプリ
    • BatteryMix(バッテリーグラフ:監視間隔10分)
    • Walttend Lite(歩数計:ON)
    • ATOK(文字入力)
    • Organised apps free(アプリランチャー)
    • ProfiMail(メールアプリ:IMAP IDLE 25分)
    • gReader Pro(Googleリーダー:2時間毎)
    • Process Monitor Widget Pro(タスクキラー:スリープ時にAutoKill)
    • clipstore(複数コピペ:監視周期1分、保存数20個)
    • AlarmDroid(アラーム)
    • easymoney10de:remote(家計簿)
    • 他、基本プロセス(Androidシステム、電話やステータスバーなど)

変化量は6時間で(100%→82%)18%減ったことになります。

平均すると、1時間あたり3%というところでしょうか。

この前の測定([rendeiro2005]Cyanogen6.1.3_v01のバッテリー消費量)とトグル関連、ホームは全く一緒ですが、常駐アプリはすこし条件が異なっています。

  • 歩数計アプリはON(測定可)の状態
  • メールアプリ(ProfiMail)は、7つのメールアカウントを全てIMAP IDLE ping time(Push) は25分に設定
  • gReader Pro(Googleリーダー)は2時間毎に同期

歩数計を測定可能状態にして、メールアプリもリーダーも起動した状態だったので、5%位は減るかなぁと思っていたら、3%でしたのでバッテリーの持ちは良好と言えると思います。

Xperia を弄っている場合も1時間あたり最大10%の消費量

検証した状態のまま、マーケットでアプリを探したり、メールやGoogleリーダーを閲覧したりしても、1時間あたりの消費量は10%を超えることはありませんでした。

これは、デフォルトのXperia、カスタムROM全てに言えると思いますが、「Androidシステム」が消費量に大きく影響していると思います。

そのため、Xperiaの設定をしたり、Androidマーケットでアプリを探したりするときは、どうしても消費量は高くなってしまいますがそれらは数時間のことですから、待受状態で3%でしたら、十分通常使用が出来る範囲だと思います。

カメラがフィックスされれば完璧ですね・・・。

しばらくは、NEX-5 に頑張ってもらおう。。。


関連記事

Trackback URL

管理者承認後に公開されます。リンクと感想は必須でお願いします

Posted by Cameme

Leave a Reply

(required)

(required)


QLOOK ANALYTICS