3月 052011

imageimage

[rendeiro2005]Cyanogen6.1.3_v01 を使い始めてから、10日が経過しました。今のところ勝手に再起動したりすることはなく、安定している印象です。

バッテリーの消費量は、docomoファームを使っていたころと比べてもそれほど変わらない印象ですが、念のため久々にデフォルト容量の 1,500mAh のバッテリーに戻して計測してみました。

  • WiFi:OFF
  • BT:OFF
  • GPS:OFF
  • バックグラウンドデータ:ON
  • 自動同期:ON
  • ライブ壁紙:使用
  • 常駐アプリ:BatteryMix/TimeWalker Full/Process Monitor Widget Pro/clipstore/Sleep Bot Tracker Log/easymoney10de:remote/他、基本プロセス
  • 変化量:3時21分 (100%/31.0℃、4.18V) → 9時23分(90%、21.0℃、4.05V)

このような状況下で測定してみました。

計測に使ったアプリは Battery Mix(アプリ毎のバッテリーへの負担をグラフ表示できる「BatteryMix」 かめめねっと)です。

約6時間で10% という減り具合でした。

深夜帯なのでこの測定期間中はまったくXperiaに触れていませんし、普段は常駐させているメールアプリやGoogleリーダー系のアプリは常駐から外しておいたので、実際に使用した場合はもっと減ると思います。

あくまでも待受で常駐アプリをKillしている状態での測定計かという感じです。

感覚値となりますが、メールをPush受信しながら、Googleリーダーなどを常駐して使用した場合、1時間あたり 4~6% ぐらいだと思います。(デフォルトXperiaと同じか若干食う感じですかね)

1,500mAh で測定したわけですが、単純なかけ算ですが、1時間あたりの消費量を1,800mAhの場合と、3,600mAhの場合を算出してみました。

percent/hour1,500mAh1,800mAh3,600mAh
深夜などの消費が少ない時間帯(常駐アプリは極力Kill)1.67%1.39%0.70%
メールなど常駐アプリを起動した活発な時間帯5.40%4.50%2.25%

ざっくりですが、こんな感じでしょうか。

歩数計アプリなどをOnにすると、1,500mAhで1時間10%位の減りになりましたので、Android端末では現在のところ歩数計アプリを1,500mAhで使うのは厳しいのかもしれません。(ま、これはデフォルトのときも同じでしたが・・・)

歩数計の皮肉にも便利な使い方は、新しいOSを入れたり、新しくバッテリーを購入した場合は、フル充電にしてから使い切る(0%)まで、一度やってからの方が正確に測れるので、そんな場合は歩数計アプリを3つ位起動させておけば、数時間で0%まで持って行けるので便利です^^;

image

これはアプリ毎のバッテリーへの負荷グラフですが、やはりAndroidシステム(赤)は深夜でスリープ状態でも活発ですね^^;

グラフを見る限り、他に予想外のアプリが動いていたというケースはありませんでした。

これを見る限り、かめ的にはだいぶカスタムROMが安定してきているな、と感じます。

でも、デバイス毎に環境も変わりますので、あくまでも参考値ということでよろしくお願いします。


関連記事

Trackback URL

管理者承認後に公開されます。リンクと感想は必須でお願いします

Posted by Cameme Tagged with:

5 Comments to “カスタムROM「Cyanogen6.1.3」のバッテリー消費量を見てみる”

  1. AC より:

    こんにちは。いつも拝見させていただいています。

    CM6.1.3ってバッテリーの持ち優秀ですね。私は以前CM6.1.1を入れていて
    2週間ほど使っていましたが、バッテリーの持ちが原因で今はDocomo2.1の
    ごろーさん版で使っています。

    参考までに伺いたいのですが、魔法のn行と言われる build.prop への追記は
    されておりますでしょうか。

  2. Cameme より:

    ACさん、こんにちわ^^ コメントありがとうございます。
    そうなんですよ、かめも以外に安定しているので驚いています。

    魔法のn行についてはいれておりません。
    気にはなっているのですが、どういう効果をもたらすのかが分からないので、不具合が発生した場合見分けがつかなくなるかもと思って導入は控えています^^

    ちなみに、CyanogenMod設定のパフォーマンス設定も弄っておりません。デフォルトです。
    あとは、SysctlConfig というアプリをいれて、Sysctl Support のチェックをONにしています。その他の値は変更していません。

    参考になれば幸いです^^;

  3. 斉藤 より:

    早速バッテリーについて考察して下さってありがとうございます。
    とても参考になりました。
    で、早速[Cyanogen6.1.3]gingerbread[v01]を導入してみました。
    まだそんなに日にちは経ってませんが、かめさんの考察通りバッテリーの減り具合はドコモの時とさほど変わらない感じです。今のところとてもいい感じです。
    “したらば”などでは、皆さんバッテリーで苦労していたので導入をためらっていましたが、この考察をみて問題無い感じだったので思い切って導入してみました。
    2.2やっぱいいですね。ありがとうございます。

  4. 斉藤 より:

    追加です。
    今、充電してて気がついたのですが、100%になっても LED消えないですねgingerbread[v01]は。
    かめさんのバージョンはどうですか?

  5. Cameme より:

    斉藤さん、サーバー引越で返信遅くなりました^^;
    2.2の導入おめでとうございます。
    LEDの件ですが、普段は問題ないです。明るさの調整を行うと常時点灯状態になってしまいますね。。。電源ボタンを押してスリープしてから起こすと消えるので今のところ問題ないはない感じです。
    ただ、このLEDですが、テーマを入れると設定が書き換わるような気がしています。
    おそらくですが、テーマに含まれているデザインや機能がバラバラのため、引き継いだり引き継がなかったりするんじゃないかと・・・未検証ですが^^
    そろそろ、2.3 も実用化されてくるじゃないかと思いますので、その際にはテーマ導入も慎重に選びながら行いたいと思っています。

Leave a Reply

(required)

(required)


QLOOK ANALYTICS