3月 012011

imageimageimage

Cyanogen6.1.3 のthemeファイルを新しいものにしました。

ブラック&ホワイトベースで、青(シアン)系をアクセントで所々に置いている感じです。

ルート化、海外ファームウェア使用中です。

ルート化やファームウェア書き換えはキャリアもメーカーもサポート外です。
この記事を参考に行われる場合は、自己責任・自己解決でお願いいたします。

ベースのthemeファイルは、Cyanogen6.1.3 のアドオン「CircleBattery2.zip」をいろいろと弄くったものですが、まずはバッテリーアイコンを、スピードメーターチックにしてみました。

UOT Kitchen を使ってアイコンを生成する

導入元は、UOT Kitchen (Ultimate Online Theme Kitchen) というアイコンを自動生成してくれるサイトを利用させて頂きました。

これはXperia用のアイコンを作るサイトではありませんが、生成されるアイコンのサイズは、38×38 サイズでできあがりますので、Cyanogen6.1.1_v03 でバッテリー100段階表示 かめめねっと で紹介した方法で、導入することが可能です。アイコンだけの変更なら 7-zip さえあれば変更できてしまいます。

早速、ざっとですがやり方です。

2011-03-01_152124

next をクリックすると、

2011-03-01_152207

このように沢山のアイコンパターンから選ぶことができます。
色の変化も選ぶことが出来ます。

次のページに移動すると、どのように変化するかを確認することができます。

2011-03-01_1525532011-03-01_152744

ちなみに、右側が今回かめが導入させて頂いたパターンです。

この後はいろいろと選択肢が出てきますが、必ず右側にプレビューが入りますから、選択は特に問題なく進められるのではないかと思います。

一通り終わりますと、ダウンロードが可能になりますのでPCへダウンロードしましょう。

フォルダ内は、

2011-03-01_153443

となっていて、fremework > res > drawable-hdpi-v4 とクリックすると、

目的の画像にたどり着きます。

画像がしっかりと生成されていることを確認したら、ベースとなるテーマファイルに移動するだけでOKです。

かめはこの調子で、何パターン化のアイコン画像を作らせて頂きました^^

Minimalistic Black & White を導入

2011-03-01_154306

[Theme] Minimalistic Black & White v0.4.2|CM|Miui|For Free X10 Beta 3/4|(17.02.2011) – xda-developers このテーマ、かめはかなり気に入ってしまいました。即導入です^^

このテーマを適用すると、↑ のようなAndroidコインがぐるぐる回るアニメーションが再起動後のオープニングでみることができます。これかっこいいっす!

Black & White Theme CM Black Bar – Miui Fixed v0.4.2.zip

↑ から最新版がダウンロードできるのですが、かめの環境ではいろいろと弄っているせいか、メニューバーやステータスバーの文字と背景が統一色でかぶってしまったり、いろいろと問題続


関連記事

Trackback URL

管理者承認後に公開されます。リンクと感想は必須でお願いします

Posted by Cameme

Leave a Reply

(required)

(required)


QLOOK ANALYTICS