4月 022010

image iPhoneなら、「電源ボタンとホームボタンを同時押し」で簡単にスクリーンショットがとれるけど、Android端末単体ではスクリーンショットを撮る事ができないので、とれるようにするには、いろいろと準備が必要です。

準備が完了すると左のようにスクリーンショットが撮れるようになります。

しかも、普通はスマートフォンの画面をキャプチャーするわけだから、スマートフォン内ですべてが完了すると考えるところですが、この方法はデベロッパーツールをいれて、PC側にXperiaのキャプチャー画面を呼び出してスクリーンショットを撮るという方法です。

※これをやるにはPCと付属のケーブルが必要です。



追記:2010/11/28
以下のドライバーをダウンロードおよびインストールする必要はなくなりました。(SDK側にアドオンされたみたいです)
これで、Java SE Development Kit と Android-SDK のインストールするだけで、スクリーンショットが採れるようになり、若干手順が簡略化されましたね。

(不要↓)


まず、ソニーエリクソンの開発者サイトからドライバをダウンロード
http://developer.sonyericsson.com/community/servlet/JiveServlet/download/3328-4-2233/X10.zip

ドライバのダウンロードが終わったら、

(ここまでの手順は不要↑)

今度はXperia側の準備を整える。
Xperia の 1 ボタンを押して、設定→アプリケーション→開発→USBデバッグにチェックする。

image
そしたら、XperiaとPCを付属のケーブルで接続する。

(↓不要)
ドライバの場所を聞かれるので、ダウンロードしたフォルダを指定。
そうするとインストールが始まりやがて完了する。
(↑不要)

次に、Java SE Development Kit 6u19をダウンロードしインストール
Java SE Downloads – Sun Developer Network (SDN)
image

↑追記2010/9/26
最近ではUser Name と Password の入力欄が出てくるようですが、記入せずにそのまま「continue」をクリックすればダウンロードできます。

オプションとかの指定は不要で、次へ、次へと言う感じでインストールする image

Windows用 Android-SDKをダウンロードする
Android SDK | Android Developers
image

解凍された android-sdk-windowsフォルダ > toolsフォルダ を開き
ddms.bat (拡張子を非表示にしている場合は、ddms)をダブルクリックします。

このとき、Java SE Development Kit が外部通信を始めますので、セキュリティーソフトを入れている場合は、許可してあげます。

しばらく待ちますと、「Dalvik Debug Monitor」というのが起動します。左上のウィンドウに表示された端末を選択して、メニューバーのDevice > Screen Capture をクリックします。

image

そうしますと、現在 Xperia で開いている画面がPC上でスクリーンショットとなり表示されます。

image

PC側でスクリーンショットを撮ることができますから、Windows Live Writer からアップするのであれば、スクリーンショットを撮ってそのままコピペができるので、むしろiPhoneのときより便利ですね^^

読み込み中

クリックでキャンセルします


画像が存在しません




関連記事

Trackback URL

管理者承認後に公開されます。リンクと感想は必須でお願いします

Posted by Cameme

16 Comments to “Xperia でスクリーンショットを撮る方法”

  1. […] This post was mentioned on Twitter by あんどろったーb, Android Japan. Android Japan said: Blog: Xperia でスクリーンショットを撮る方法: しかも、普通はスマートフォンの画面をキャプチャーするわけだか […]

  2. とおりすがり より:

    お陰さまでスクリーンショットが摂れるようになりました
    最初にUSBデバックにチェックを入れる事を書いておいて頂けると、より素人にも解り易かったと思います

  3. Cameme より:

    とおりすがり さん、かめです。
    ご指摘ありがとうございました。追記いたしました。
    自分では書いていたつもりだったんですが・・・すっぽり抜けてましたね^^;

  4. あき より:

    ハードルが高そうだったのですが、お蔭様で無事にスクリーンショットがとれました。分かりやすい解説ありがとうございました。

  5. Cameme より:

    あき さん、こんにちわ。
    参考になってよかったです^^
    また、遊びに来て下さいね。

  6. まさし より:

    すみません!教えて下さい。


    「Xperia でスクリーンショットを撮る方法 について」において

    先ず最初の作業のところ「ソニーエリクソンの開発者サイトからドライバをダウンロード
    」の部分でサイトページに飛んで何を取って来たら良いのか分りません・・・

  7. Cameme より:

    まさしさん、こんにちは。
    かめも配布先にアクセスしてみましたが、リンク先が変わっていてZipファイルをダウンロードできませんでした。
    いろいろと配布先を探してみましたが見つかりませんでした。
    ただ、ソニエリがサポートしないとは考えにくいので、もしかするとSDK側にアドオンされたのかもしれません。
    自分のXperiaでは既にインストール済みで確認できませんが、もし宜しければ、
    「http://developer.sonyericsson.com/community/servlet/JiveServlet/download/3328-4-2233/X10.zip」
    ↑このドライバーのダウンロード&インストールは無視して頂いて、次の「Java SE Development Kit」のインストール、「Android-SDK」のインストールを進めていただけますでしょうか。
    かめがインストールしたころからだいぶ時間が経っていて、SDKもバージョンアップしているみたいなので、もしかしたらうまくいくかもしれません。
    もし結果がわかりましたら、またコメントを頂けれましたら幸いです。
    ブログの記事内容を新しいものに更新したいと思います。

  8. まさし より:

    スクリーンショット撮れました!

    Java-SDKとandroid-SDKをインストールし、android-SDKから「ddms.bat 」ではなく「ddms」で「Dalvik Debug Monitor」が起動しCaptureする事ができました。

  9. Cameme より:

    まさしさん、コメントありがとうございます^^
    ということは、既にSDK側にアドオンされていて、「http://developer.sonyericsson.com/community/servlet/JiveServlet/download/3328-4-2233/X10.zip」は不要になった、ということで間違いなさそうですね。
    ddms.batの「.bat」は拡張子なので、OS側で拡張子の表示をしていない場合は、「ddms」と表示されるため、同じものだと思われます。
    とにかく、できるようになって良かったですね^^

  10. […] 参考:Xperia でスクリーンショットを撮る方法 かめめねっと […]

  11. capu より:

    こんばんわ。
    ここの情報を元に無事スクリーンショットが撮れるようになりました。
    有益な情報ありがとうございました。

  12. Cameme より:

    capuさん、コメントありがとうございます^^
    お役に立てて良かったです。
    ぜひまた、遊びに来てくださいね。

  13. […] (参考:Xperia でスクリーンショットを撮る方法 かめめねっと)AndroidSDKやJavaがインストールされた状態で、Android Screen Monitor – […]

  14. […] Xperia でスクリーンショットを撮る方法 かめめねっと […]

  15. syunn より:

    Windows用 Android-SDKをダウンロードする
    とありますが、
    ダウウンロードして解凍すると
    sqlite3はあるのですがadbがなく先に進めません。
    root化したいのですが
    どうすればよいのでしょうか。
    ご指導お願いします。

  16. Cameme より:

    syunnさん、おはようございます。

    ググって調べてみたところ、最新バージョンのAndroid-SDKには、adb.exe がデフォルトで含まれていないようです。
    SDK Managerを起動して、「Platform-tools」をインストールすれば adb.exe が使えるようになるはずです。

    かめの環境では以前のアップデート時に、adb.exeが「tool」から「Platform-tools」に移動したことを確認しています。
    おそらく仕様変更があったのだと思います。

    もしこの方法でうまくいくようでしたら、ブログの記載内容に追記させて頂きたいため、お手数ですがまたコメントを頂けますと幸いです。
    よろしくお願いいたします。

Leave a Reply

(required)

(required)


QLOOK ANALYTICS