4月 272011

現在も接続不能状態にある PlayStation Network ですが、最悪の事態となってしまったようです。

外部からの侵入をにおわせておりましたが、PlayStation Network のホームページには「

PlayStationNetwork/Qriocityをご利用の皆様へのお詫びとお願い」というタイトルで詳細が公開されました。

漏洩した(不正アクセス者が入手した)とみられるアカウント情報:

  • 氏名
  • 住所
  • Eメールアドレス
  • 生年月日
  • PlayStation®Network/Qriocity™パスワード
  • PlayStation®NetworkオンラインID

以下の情報につきましても不正アクセス者が入手した可能性があります。

  • 購入履歴
  • 請求先住所
  • パスワード再設定用の質問への回答等のプロフィールデータ
  • サブアカウントに関する上記情報(お客様がサブアカウントを作成されている場合)

一番心配なクレジットカード情報については、

「登録されているクレジットカード番号(セキュリティコードを除く)および有効期限に関する情報が不正アクセス者に入手された可能性を完全に否定することはできない」

と説明しています。

何件流出したのか、そういう事には触れられておりません。
これだけのトラブルだし全部と考えたが方がいいんだろうな。。。

PlayStation Network に登録されている方は自分の情報が流出したと考えて行動した方がいいと思います。

  • PlayStation Network に登録したクレジットカードはしばらく凍結しておく(もしくは随時利用状況を確認する)
  • PlayStation Network に登録したのと同じログインIDやパスワードを他の登録情報で使っている場合は、直ぐに切り替える。(というか、クレジットカードを入力するような場合には、ログインID/パスワードは同じものを絶対に使わない)

これは直ぐに行った方がいいと思います。

こういうことがあると、ネットで個人情報登録するのをいやがる人が増えるんですよね。。。
それはそれで良い自己防衛なんですが。

でも、ネットでやる以上、利便性の代償として漏洩事故は起こりうるもの

という前提で考えておいた方がいいと思います。

「発生したら直ぐに対策を練る」という自己防衛力もネットスキルに必要なものだと思います。


関連記事

Trackback URL

管理者承認後に公開されます。リンクと感想は必須でお願いします

Posted by Cameme

Leave a Reply

(required)

(required)


QLOOK ANALYTICS