4月 272011

2011-04-27_100741

検索結果に日本語を入力した際に、その内容を予測して自動的に候補を挙げてくれる、インクリメントサーチに昨日から対応したらしい。

さっそく、使ってみました。

かめめ

といれると、

お!

かめめねっとが第一候補に!

2011-04-27_101023

えく

といれると2番目にエクスペリアがあがってきます。

これは便利になりましたね。

英語の場合は前から対応していましたが、日本語はIMEの関係で無理なんだろうと思っていました。

が、さすがGoogle、やってくれますね。

表示速度にもこだわっているようです。

いかにパソコンに負担をかけず、短時間で必要な情報が手に入るか。

検索エンジンは絶えず進化をしていますね。

それにしてもGoogle検索は便利になりました。

インクリメントだけじゃないGoogle検索のすばらしいソート機能

2011-04-27_101242

サイドバーには、いつのまにかこんなに沢山のソート機能が。

以前は検索結果にとっても古い記事が引っかかったりして、その記事がいつの記事か(つまり最新情報なのか)を探すのに時間が掛かったりしていましたが、

1ヶ月以内とかでソートをすれば、かなり新しめの情報だけに検索結果が絞り込めます。
この期間設定はかめの中ではかなり大活躍をしております^^

日付順、というソート機能も便利。

あとは、画像を含むサイト、タイムライン、や、未閲覧のページでソートするのも検索時間の短縮になります。

検索で上位表示するには、SEOよりも記事の鮮度と内容の濃さ

サイト制作におけるSEOという概念も変わりつつあると思います。

検索スキルが上がってきたら、このソート機能を使わずに検索することはまずありえません。

キーワードで上位表示させる、というだけではなく、記事の鮮度、画像などを用いた詳しい解説が必要になり、結果的には「本当に必要な情報が書かれているか」にこだわらないといけなくなるんだと思います。


関連記事

Trackback URL

管理者承認後に公開されます。リンクと感想は必須でお願いします

Posted by Cameme

Leave a Reply

(required)

(required)


QLOOK ANALYTICS