4月 202010

image 右図の上の方にアイコンが所狭しと並んでいます。

通常4つしか配置できない場所に、8つ2列に並んでいます。
要するにこういう感じで表示することが出来るアプリです。

つまり4つ配置しか出来ない場所に16個も配置(つまり4倍!)できますので、かめが使用しているホームアプリ dxTop のように表示スペースが少ない場合は、かなり効率的で有効なアプリです。

でも、こんなにちっちゃいとタップしにくいのでは?

いやいや、はじめは半信半疑だったんですが、以外にも押し間違いはないですね、今のところ。

このアプリはFree版もありますので、まだ試していない方は一度トライしてみてください。

しばらく使っていますが、今となっては、このアプリは必須アプリです。


image 2010-04-20_092923

ここからインストールをします。
インストールが完了したら、ウィジェットを開きます(画面を2秒ぐらいタップし続けると表示される)

image   image

おわかりのように、1×1(アイコン4個)、2×1(アイコン8個)、4×1(アイコン16個) のから選ぶことができます。
ここでは、4×1(アイコン16個)をタップしました。

image image

タップするとインフォメーションが表示され、OK をタップすると、設定の画面に切り替わります。
Row1Config に上段に表示されるアプリ、Row2Config に下段に表示されるアプリを配置します。

まず上段からセッティングしていきます。

image image

タップすると上図左のように最初は Empty となっています。ここにアイコンを配置していきます。
アイコンですが、具体的に見ていきますと上図右のようにかなりたくさんの種類から選べます。

アプリや電話帳やブックマークを配置することもできます。
なかでもSystem Toggles は、BlutoothやGPS、Wifi 等のアイコンを表示し、タップでON/OFFが出来るのでかなり便利かも知れません。

でもさすがに Widget は配置出来ないみたいっすね^^;

image image

上図のような感じで自由にアイコンを配置していきます。
今回のアップデートでバッテリ残量の表示アイコンも追加されましたね!

今後対応されるのかもしれませんが、現時点では配置したアイコンの並び替えには対応していませんので、配置する前に自分の押しやすい場所はどこだろうなどと、計画を立ててから配置することをオススメします^^

同じ要領で下段の配置も行います。

image

設定画面に戻ります( 3 をタップする)
Done をタップすると設定が保存されます。

ちなみに、Backup / Restore を押すことで、現在の設定を保存(Backup)したり、以前保存していたデータを読み戻し(Restore )たりすることができます。

image image

上図左がバックアップ画面、右がリストア画面になります。
この機能は便利ですね。

image

新しい設定が反映されました。(ねこの首もとあたりに配置されているものです)
空のまま何も配置しなかった場所は、そのまま何も表示されません。

ちなみに下段の一番下にある歯車アイコンはこのアプリの設定画面へのリンクしているので、このままの方が設定を変えるときに便利だと思います。

ま、いろいろな管理方法があり、それは人それぞれだとは思いますが、1タップでそれぞれのアプリが起動できるという利便性がかめには欠かせないわけであります。


関連記事

Trackback URL

管理者承認後に公開されます。リンクと感想は必須でお願いします

Posted by Cameme

Leave a Reply

(required)

(required)


QLOOK ANALYTICS