2月 262011

imageimage

build.prop を弄ってマーケットにATOKが表示されるようにします。

まず、/system/build.prop から、build.propを取り出してSD内に保存しておきましょう。

ルート化、海外ファームウェア使用中です。

ルート化やファームウェア書き換えはキャリアもメーカーもサポート外です。
この記事を参考に行われる場合は、自己責任・自己解決でお願いいたします。

SUFBS(root必須)を使って作業しています。

imageimage

まずは、対象ファイル(build.prop)のパーミッションを変更します。

長押ししてCHMOD(644)を777にします。

imageimage

エディタを立ち上げて、

ro.build.fingerprint=

で始まる文章を探します。

そこに上書きせずに

ro.build.fingerprint=docomo/SO-01B_1233-7397/SO-01B/es209ra:2.1-update1/2.0.1.B.0.19/ExBC:user/release-keys

(↑途中で改行は不要です。メールとかでXperiaに送ると勝手に改行されている場合があるので、要注意ですめ~)

を貼り付けて挿入します。

もともとあった、

ro.build.fingerprint=(元の内容)

には、頭に「#」をいれてコメントアウトします。(#とro~の間は半角スペース)

# ro.build.fingerprint=(元の内容)

これで完了です。

image

パーミッションを644に戻して、Xperiaを「再起動」します。

再起動後・・・

image

あれ?ない。

う、うまくいかない。。。

image

Marketのバージョンが違うのか。2.2.7だからか。

もういちどチェックのためにSDカードから出してPCで秀丸エディターから確認。

あ・・・・、途中で改行されていた・・・・orz (今後気をつけよう^^;)

途中での改行を削除して、あとはSDに移して、元あった位置に移動。

再起動して・・・

imageimage

おぉ~

見事にATOKトライアル出てきました。やっったぁ~

バージョンアップ成功です!

ちなみに、この方法でSPモードメールなどのドコモオリジナルも使えるようになります。

image

これで便利になった。

うまくいったら、カスタムROMを入れ替えたときにこの値は書き換えられますので、

この「build.prop」をSDカード内に保存しておきます。

いやぁ~、よかったよかった。


関連記事

Trackback URL

管理者承認後に公開されます。リンクと感想は必須でお願いします

Posted by Cameme

Leave a Reply

(required)

(required)


QLOOK ANALYTICS