5月 122011

imageimage

前から気になっていた TripNMiUI "IRIS" 0.1.8 Gingerbread を入れてみました。

左上がブート時の画像です。xRecoveryのイメージ画像も変わるんですね。

imageimage

雰囲気はまさにiPhoneのそれですね。でももちろんホームをADWすればいつも通りのイメージで表示されます。

ちなみに画像の一番上に表示されている実線はバッテリー消費量です。
1%毎の表示にも変更できますが、この表示方法が斬新で気に入りました。

imageimage

セッティング画面もiPhoneぽいです^^

そして、Androidのバージョンは、2.3.4!

ホームボタンをロングタップすると、動いているタスクをKILLことができるのも新しい。

あとは、電源ボタンを長押しすると、

image

このような画面が立ち上がります。Rebootから再起動できます。

これも意外と便利ですね。

下の方でNotificationsと切り替えが可能です。

カメラは標準のカメラでは写るが画像保存のところで止まってしまいます。
CameraIllusion なら、CM7と同様に保存OKです。(AFは使えないのも同じ)

ビデオは、標準のビデオカメラで撮影・保存が出来ました。
音声もちゃんと記録されました。

スコアは900前後でした。


関連記事

Trackback URL

管理者承認後に公開されます。リンクと感想は必須でお願いします

Posted by Cameme

2 Comments to “TripNMiUI "IRIS" 0.1.8 Gingerbread を導入してみました”

  1. MOG より:

    こんにちは。
    IRIS導入してみました。
    一撃ツールを初めて使ってみましたが、簡単にできますね。

    ただ、僕はSPモードメール使いなのですが、SPモードメールがインストールできないのです。
    PCのANDROID マーケットからも端末非対応でインストールできず。
    端末情報偽装をしないとインストールできませんかね?

    ちなみに、チタニウム無料版も非対応なのでしょうか?

    camemeさんにこんな質問をするのは違いますね。すみません。

    ただ、IRISかっこいいです。
    まだあまり触ってないので使い勝手はわかりませんが、UIがとにかくかっこいい。
    常用したいです。

  2. Cameme より:

    MOGさん、おはようございます^^

    仰るとおり、端末情報を変更しなければダメみたいです。
    過去に「ATOKトライアルがマーケットにいないので、build.propを弄って表示させる」という記事を書いたことがあるのですが、これを行えば表示されるようになると思います。

    一撃ツールは、変更したbuild.propもそのまま保存できるようなので、ROMを切り替えるときに便利ですね。

    IRISいいですよね。
    現在、0.3.5を常用中ですがWi-FiもFixされて使いやすいです^^

Leave a Reply

(required)

(required)


QLOOK ANALYTICS