3月 022011

K-9Mail、ProfiMail(Free)、Promise Mail(評価版)、MailDroid(Free) の4つのAndroidメールアプリの使い勝手を独自(勝手?)に検証中です。

これらの4つのメールアプリを以下の条件で10~12時間程稼働させてみました。

その時のbatteryhistory(充電池データ)の比較です。

  • アカウント登録数は6つ、全て同じアカウント(なのでメールの総受信数は一緒)
    Gmailを1つ、後は独自ドメインのメールアカウントを5つ
  • IMAP方式、IDLE ping time(プッシュ接続のリフレッシュタイム)はデフォルト値
  • メーラーに関連するウィジェットの配置はなし
  • メール受信したらステータスバーに表示(4つも立ち上げてると大変・・・)
  • もちろん、タスクマネージャにKillされないようにignore設定にしてある

使用環境(端末やOS)や使用状況によって大幅に異なるケースもありますので、あくまでも参考程度にご覧頂ければと思います。

かめも自分用のメモのつもりで書いてます。(いつもメーラーどれにしようかなぁと悩むので・・・)

imageimage

ProfiMail、K-9Mailがやっぱり高機能(設定項目が豊富)なだけに部分起動状況とCPU使用状況が共に高い感じです。次いでPromiseMailとが来ます。CPU使用状況はわかるんだけど、部分起動状況はもう少し押さえられるよう各メーラーには頑張ってほしいところですね。

その中で、MailDroid だけは、CPU使用状況も部分起動状況も稼働無しの状態だった。(すごい)

imageimage

ネットワーク使用状況、GPS使用状況は各メーラー共に変化無し。

imageimage

その他の使用状況も変化無し。

センサー起動状況は・・・あれ?

PromiseMailのセンサーがなんと6時間30分も稼働している!

って、なんでセンサーが必要なの???

なぞのセンサー稼働にちょっと驚く・・・。

充電池データ(Batteryhistory)からみた比較結果レポート

このデータからは、「変な起動が少なくて落ち着いているアプリ」を優先して順位を付けることにしました。

1位:MailDroid(部分起動、CPU起動共に稼働ゼロ)

2位:K-9Mail(部分起動状況が40分ぐらい)

2位:ProfiMail(部分起動状況が40分ぐらい)

4位:PromiseMail(謎のセンサー起動、部分起動状況が20分ぐらい)

ということで、圧倒的な強さで MailDroid が勝利したことになります。

部分起動が0って素晴らしいですね。CPU起動がゼロって信じられない状況です。

でも、各メーラーちゃんと受信・送信は問題なく出来ていました。

<メモ帳>

他で書くべき事かもしれませんが、

MailDroid はOB25Pに対応していないかもしれません。
SMTPを587ポートに設定ができませんでした。
→ できました。

ProfiMailでは、@前に「.(ドット)」が入るアドレスには送信できないバグがあるようです。

この辺は別項目で纏めたいと思います。

(追記:2011/03/03)

PromiseMail は検証中に勝手に強制終了となる状況が数回ありました。

PromiseMail はスケジュール(Googleカレンダー同期可)と連動するメールアプリとして期待していたのですが、日付をスケジュールに反映させるには、最後に「以上」を付けなければならないなど、少々利用するにあたり不便そうな点があるのと、メールアプリを直接起動させることができない(アプリを起動させるとスケジュールが先に立ち上がりメールアイコンをタップしてメーラーに移動。メールへのショートカットなども現時点ではなかった。)などの理由から、個人的に導入する予定がなくなったため、次の検証からは外す予定です。

謎のセンサー使用もありましたし^^
(何で使っているのかがわかって、それを設定画面からOn/Off出来れば話は別ですが。。。)

(追記終わり)


関連記事

Trackback URL

管理者承認後に公開されます。リンクと感想は必須でお願いします

Posted by Cameme

Leave a Reply

(required)

(required)


QLOOK ANALYTICS