12月 212010

DSC03292

コノスルのスパークリングワインを発見。早速飲んでみることに。

DSC03293

コノスルはラペル地区チェンバロンゴに100年以上続く単一畑を所有するワイナリー。

1993年にコンチャグアヴァレーに設立。自社畑の一部で有機栽培を開始する。
畑では放し飼いのガチョウたちが除草を行い、施肥はワイン発酵後に出る副産物を使用。
数年後、ドイツのオーガニック農産物認証機関『BCSエコ』に認定を受け、2003年に初ヴィンテージ。
2008年、地球温暖化の原因となるCO2の排出削減に向けて、ワイナリーとしては初となる
『カーボンニュートラルデリバリーステータス』を取得。
英国「カーボンニュートラル社」認定。

もとは川底であった肥沃な土地と穏やかな気候に恵まれ、果実味にあふれた非常に力強く、エレガントな味わいのワインを創り出しています。

カベルネ・ソーヴィニヨンとピノ・ノワール種は特にイギリスでの評価が高く、それ以外の品種も海外で数多くのワイン賞を受賞しており、最近はメルロー、ゲヴェルツ種の評価が高まっています。

コノスルにスパークリングがあったとは。

最近でたのかな?初めて見ました。

飲んでみると、それほどの深い感動は正直ありませんでしたが、乾杯ビール的な位置づけなんでしょうね。

キンキンに冷やしてグイグイ飲みたいスパークリングでした。

シャルドネ 90%
リースイング 7%
ピノノワール 3%

スパークリングも今後はラインナップが増えるといいな。楽しみです。


関連記事

    None Found

Trackback URL

管理者承認後に公開されます。リンクと感想は必須でお願いします

Posted by Cameme

Leave a Reply

(required)

(required)


QLOOK ANALYTICS