11月 222010

DSC02614

大崎市といえば一ノ蔵です。

ということで日本酒をこの付近で物色してみると、東京では見たことのない一ノ蔵を数本発見してしまいました。

ラベルの右側付近に、

原料米:有機米ササニシキ100% と書いてあります。おぉ~すごめ~

飲んでみると、やっぱりうまい。

お米の味がしっかりしていて、きりっとしているけど米の甘みを感じられますめ。

いやぁ~おいしかったなぁ~

あっという間に飲み干してしまいました^^;

追記:

本当に地元でしか手に入らないのかな、と思いネットで調べてみると、見つけましたよ。

ちゃんと売っているんですね!ちょっと嬉しかったりして^^

少々お店のコピーを引用させて頂きます。

一ノ蔵から限定の純米酒が入荷しました。
このお酒はなかなか良いストーリーがあります。
一ノ蔵のある地域には昔からシベリアから冬に降りてくる渡り鳥の休息地になっていました。
しかし近年の環境の変化において休息地となる沼などが減ってきてしまいました。
このままではいけない、ということで何か手はないかと考えたところ、田んぼに水を張り、そこで休息してもらおうということになりました。
思惑通り冬になると渡り鳥がやってきました。関係者たちは喜びました。
しかしここに嬉しい誤算がありました。
渡り鳥達が糞を落とし、それが栄養になり、また冬に水を張ることで土壌の温度があがり微生物の活動も活発になり、どんどん良質の土になっていったそうです。
その田んぼで有機栽培で作ったササニシキが原料です。
有機栽培のお米が原料ということで、お米の旨みがとっても感じられるお酒です。
やや辛口で、ボディもしっかり、常温からお燗で飲むのが美味しいと思います。

なるほど、やっぱり限定の純米酒だけあってストーリー付きなのですね。

これはオススメです。

↑こちらは、720mlです。下は1.8L。
家で飲むなら下の方が断然おすすめですね。


関連記事

    None Found

Trackback URL

管理者承認後に公開されます。リンクと感想は必須でお願いします

Posted by Cameme

Leave a Reply

(required)

(required)


QLOOK ANALYTICS