9月 262010

DSC01423

これ、この前Nobuで試飲させてもらったワイン!

安いし、おいしかったので購入しちゃいました。

DSC01424

以下、引用です。

ゴッサムは夫婦であるブルース・クルグストンとフィオナ・ホワイトが経営するワイナリーで、ブルースが生産を行い、フィオナがその他の全ての仕事を担っています。ブルースは30年間ワイン業界で小売業に従事しており、若い時から楽しめ、熟成しても味わえるお買い得のワインを造る事を長年夢見ていました。
ゴッサムの目標は最高のコストパフォーマンスを誇るワインを造ることです。初ヴィンテージである2004年から消費者が実際飲みたくなるようなワインを目指して生産をしています。
ゴッサムのワインはオーストラリアの優良なワイン生産地域のブドウで生産されています。少しずつ地域や品種を加えていっており、自分達のワインとして誇れる品質のブドウのみを扱います。

輸入会社が大量購入に成功したのでしょうかね。

キリッと引き締まった辛口で、柑橘系のフルーツの味、酸味もしっかりしてます。

なのに、千円でおつりがくるとは。

それと、2008年はなかなかのヴィンテージらしいです。

2008年は熟成が素晴らしく、すべての地域で3月の猛暑の前に良い熟成したブドウを収穫することが出来ました。
シャルドネはリバーランドのブドウがトロピカル・フルーツを感じさせる芳醇で豊かな味わいを、そしてマクラーレン・ヴェールとラングホーンのブドウがワインに酸とバランスをワインに与えています。
セミヨンはマクラーレン・ヴェールものもで、酸の複雑な風味をワインに与えています。
シラーズはフルリオ半島とラングホーン・クリークのブドウは素晴らしい奥深い風味を感じさせ、マクラーレン・ヴェールの果実は際立つ芳醇さを風味に加えています。
バロッサ・ヴァリーのグルナッシュはワインにスパイシーさと柔らかさを与えています。素晴らしい調和をなしています。

これはデイリーワインとしてはすばらしいワインだと思います。

オーストラリアのワインもおいしいですね^^

ネットで販売しているショップのご紹介↓

取り扱いが少ない商品のようですので、気になった方はお早めに^^


関連記事

Trackback URL

管理者承認後に公開されます。リンクと感想は必須でお願いします

Posted by Cameme

Leave a Reply

(required)

(required)


QLOOK ANALYTICS