2月 042011

DSC03700

ロロニスの白(シャルドネ)です。

てんとう虫が有機栽培をお手伝い LOLONIS これは旨い! かめめねっと

で飲んで感動して、白も買ってしまいましため。

DSC03703

■商品名
ロロニス・シャルドネ

■商品名(原語)
LOLONIS CHARDONNAY REDWOOD VALLEY

■生産国・地域
アメリカ・カリフォルニア州・メンドシーノ・レッドウッドヴァレー

■蔵元名
ロロニス・ワイナリー

■セパージュ
シャルドネ100%

■タイプ・味わい
白・まろやか

てんとう虫をシンボルにしているこのワイナリーは、メンドシーノ郡レッドウッド・ヴァレーにあります。ワイナリーがスタートしたのは1920年頃、ギリシャから移り住んできたトリフォン・ロロニスにより180エーカーの畑が開拓され、ワイン造りを始めました。ワインのラベルに表記されているてんとう虫は有機栽培の象徴。1954年頃から、毎年500万匹のてんとう虫をぶどうの樹に付着させ、わずか11人で広大な畑を管理しています。てんとう虫は害虫を駆除する益虫として広く知られています。ロロニスは殺虫剤、その他農薬は一切使わず100%オーガニックを実践し、また品質に見合った価格で多大な評価を得てきました。以前はホワイトハウスの晩餐会でも使用された、いまや全米を代表するワイナリーになりました。このシャルドネは樹齢が35~40年。100%エステートのぶどうを使用しています。てんとう虫に加え、時にはカマキリを用いて100%有機にこだわります。完熟したぶどうからは、果実味に溢れたコクのあるシャルドネが造られています。Demptosというアメリカンとフレンチのミックスオークを使用して6ヶ月の樽熟成。そのため特有のバニラのニュアンスとフレンチのスモーキーなロースト香がバランスよく溶け合い、より複雑味の富んだワインが出来上がります。パイナップル、洋ナシのように香り高いフルーツの香りと味わいは飲む人を魅了してやまないナチュラルな口当たりの柔らかい白です。

ロロニスはネットで購入するよりも、ヴィノスやまざき に直接行った方が在庫が豊富です。

凄く重く余韻が長く、印象に残る白でした。

コレを飲むと、1,000円台のワインが軽く感じてしまう…そんな引力を持ったビオワインでした・・・^^;


関連記事

Trackback URL

管理者承認後に公開されます。リンクと感想は必須でお願いします

Posted by Cameme

Leave a Reply

(required)

(required)


QLOOK ANALYTICS