7月 032011

DSC05601DSC05604

ヴィノスやまざきで見つけたちょっとおしゃれなボトルのスパークリングワイン。

そのときは荷物が重くてあきらめたけど、今日は購入^^

ビオっぽいラベルだったので、ビオですか?とスタッフに聞いてみたところ、完全にビオというわけじゃないですが、畑に機械が入らず手摘みで収穫している、という話を聞きました。

とにかくラベルが気に入ったので購入です。

DSC05605

微発砲って飲みやすくって好きです。

冷蔵庫で冷やしておいて、飲む直前に30分ぐらい冷凍庫に入れておきます。

そうすると、通常は3~5度程度なんですが、0度近くまで冷えるので暑い夏にとってもうれしい^^

イタリアを代表するスパークリングワイン「プロセッコ」は、ヴェネト州の北部の「コネリアーノ村」と、さらに内陸に行ったアルプスの山麓沿い手前に位置する「ヴァルドッビアデーネ村」産が特に有名。「ヴァルドカ」は1952年にヴァルドッビアデーネ村にて醸造所をスタートさせて以来、地元の権威者として完璧な質のプロセッコ生産を目指し続け、ローカルな発泡酒だったプロセッコを世界的に有名にした立役者でもあります。現在は661haの自社畑内に、593ものぶどう栽培家を傘下に抱え、日々栽培指導にあたり良質なぶどう作りを行っています。ヴァルドカのぶどう畑の大半は、この地区で最も良いとされる標高300~400m南向きの斜面に位置しており、それらの畑のほとんどが立っていられないほどの急斜面。多大な日照量を浴びた完熟ぶどうは手摘み(当然、機械が入れないので)で収穫をされ、一斉に醸造に掛けられます。シャルマ方式で造られる華やかでソフトなスタイルで、良質ぶどうからくるキレときめ細かな泡が特徴のプロセッコが産出されています。このワインはプロセッコを微発泡で瓶詰した珍しい1本。ガス圧が少ないため、口当たりが柔らかくとても飲みやすい味わいとなっています。

ショップに書いてあった内容がとても分かりやすかったのでそのまま引用させて頂きました。

下手に重くなくて、さっぱりしていてのどごしがいいので、暑い夜にぴったりでした。

ヴェネトのプロセッコ、LOVEです^^


関連記事

Trackback URL

管理者承認後に公開されます。リンクと感想は必須でお願いします

Posted by Cameme

Leave a Reply

(required)

(required)


QLOOK ANALYTICS