4月 062010

d1device 今のかめのホームはこんな感じです。

以外にシンプルです。

ホームアプリは、「Open Home – Full」を使用しています。
このアプリも便利なので、あとで記事にてご紹介したいと思います。

今回の話は、GoogleAnalyticsアプリ「DroidAnalytics」のことなのですが、その前にスマフォはiPhoneで痛い目にあったのですが、待ち受け画面にカレンダーを出すことが出来なくてとても困りました。

出せても、画像を呼び出すしかなくて、非常に使いにくい。。。

おまけに、日本の祝日表示に対応していなくてガラパゴス出身(自称)のかめとしては、ガラパゴス日本の名が廃ると悲しんだものです。

ちなみにこのカレンダーアプリは祝日にも対応しています。

やっぱりマルチタスクは強いですね。

が、これは今回の話題でないんですよ。

カレンダーは次に紹介するとしまして、前置きが長くなりましたが、GoogleAnalyticsアプリ「DroidAnalytics」をインストールしてみました。

仕事上GoogleAnalyticsを見ることがかなり多いので、GoogleAnalyticsを表示するアプリにはかなりこだわりを持っている方だと思います。

GoogleAnalyticsはPCで見るのが一番情報量が多いので、結局それが一番良いのですが、情報量が多いのとJavaScriptを多用しているために動作がもっさりなんですよね。そのため、「直ぐに調べたい」と言うときに一瞬躊躇してしまいます。また、どこでも調べられる携帯のイニシアチブには勝てませんよね。

実を言うと、iPhoneとXperiaを併用しようと思った理由のひとつにGoogleAnalyticsのアプリが絡んでいるんです。

それほど、iPhoneのアプリ「Analytics App」は衝撃を受けるぐらい優秀なものでした。

また、制作者のMichael氏に「複数のGoogleアカウントでログインできるようになったらとても嬉しいです」と懇願し、本当に数ヶ月後にそれをかなえてくれた、などのストーリー(参照:Analytics App でログインできない)もありまして、そう簡単にこのアプリを超えるものはないだろうと正直思っていました。

しかしあるんですね。

GoogleAnalyticsアプリ「DroidAnalytics」はとても高性能で驚きました。

image

↑ これが、GoogleAnalyticsアプリ「DroidAnalytics」の紹介画面です。

そして、ちょっと恥ずかしいのですが・・・

image

これが、かめめねっとのアクセス数になります。(最近伸びてきたんですよねぇ~・・・)

7 と 31 Year は察しの良い方ならおわかりだと思いますが、週単位、月単位、年単位に変換可能です。

で、それらのグラフもこの通り表示することが可能です(下図)

image

図上の表記通り、ページビューから訪問数、アベレージなどをそれぞれグラフで視認することが可能です。

もちろん期間の調整も自在(下図)

image

他にも、キーワード別、カントリー別、ソーストラフィック別にも表示が可能です。

image

ちなみに「Top Keywords」をクリックしてみました

image

Xperia、すごいっすね。。。。

あとは、iPhone対応カーナビの「avic-mrz90」もすごい人気です。

・・・みんな考えることは一緒なんですね(笑

ちなみに、チェスコンラボッソというのは、 1,500円未満で購入できる最高のコストパフォーマンスを持った最強のイタリアワインです。(参考:チェスコン ラボッソ デルヴェネト 2007

・・・・

話はそれましたが、これはとても楽しいアプリです。

iPhoneのアプリ「Analytics App」もすごかったけど、このアプリのように、なんかExcelを読むように日別に読めたりする機能はiPhoneのアプリ「Analytics App」にはなかったので、とても便利です。

これによって、併用しなくても良いのではないか?

という一石が投じられようとしています。。。

でも、このアプリ、まだ複数アカウントには対応していないんだよね。。。

また、制作者に懇願することになるかもしれないが。。。

しかしながら、素晴らしいアプリをありがとう。


関連記事

Trackback URL

管理者承認後に公開されます。リンクと感想は必須でお願いします

Posted by Cameme

Leave a Reply

(required)

(required)


QLOOK ANALYTICS